パートフェルメンテ法

21:58

セモリナブレッド


今日はセモリナ粉を使ったフランスパン。セモリナ粉を熱湯でこね、一晩置く。次の日に本ごね、クリスマスに食べるパネトーネや田舎パン(パンドカンパーニュ)なども粉の種類は違うけど、同じような製法でつくる。 一晩置くだけで風味が全然違う、焼いた時のボリュームも良くなる。
トッピングはチェダーチーズ、
300度で 30分熱した天板にパンをのせ、焼けた石に水を一気にかける。蒸気焼成すると外がパリパリ中身はモチモチする。フランスパンは蒸気をうまく入れるのがコツ。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)

    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks